プロフィールは簡単に作成するのではなく、読んでもらうために作成する(ホームページ・名刺・事務所案内)

司法書士のプロフィールは必ず読まれると思って書いて下さい。

ホームページにプロフィールをどこまで詳しく書いたらよいかと聞かれることがありますが、司法書士の皆様の場合、ご自分自身が商品ですので、特に業務の実績については詳しく簡潔に書いて下さい。

開業時は特に書くことがなく、大変だと思うこともあるかもしれませんが、勤務時代の実績も問題のない範囲でお書きください。プロフィールと挨拶を同一ページに掲載するようなケースもございますので、下記のように実績や社会情勢とリンクしてプロフィールページを作成するのもよろしいでしょう。

○○○に関わって来た経緯を踏まえ今後○○○に力を入れていきたいと考えております。

○○○のニーズが高まるような社会情勢を踏まえ○○○のサポートに力を入れていきたいと考えております。

通常、ホームページと違い名刺、事務所案内につきましてはお会いになった時に渡すと思います。プロフィールはできるだけ掲載したほうがよい要素ではありますが、スペースに限りがある場合もございますので、入れられない場合はホームページへと誘導してプロフィールを確認してもらうようにして下さい。

 

司法書士事務所の開業で重要なことは何か?9つのポイント

  1. 地元密着・営業範囲を決めて浸透させる(ホームページ・チラシ)。
  2. 見込み客の声を聞く事が重要、見込み客の声には事務所のポテンシャルを活かせるヒントが埋まっている(ホームページ)。
  3. 問い合わせを受ける体制を準備する(ホームページ)。
  4. ブランディング・差別化へ向けトピックス業務を1つは打ち出す(ホームページ)。
  5. 事務所理念を決める(ホームページ・名刺・事務所案内)。
  6. お客様の目に触れるものはイメージ戦略を軽視しない(封筒・ホームページ・名刺・事務所案内・ロゴマーク)。
  7. プロフィールは簡単に作成するのではなく、読んでもらうために作成する(ホームページ・名刺・事務所案内)。
  8. 写真は笑顔で撮影する(ホームページ・名刺・事務所案内)。
  9. 自分に合った他士業との交流機会を検討する。

司法書士の独立開業時にピッタリなホームページ作成サポート 無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-127(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-127(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

メールでのお問い合わせ

有限会社ポーカー・フェイス20周年記念プロジェクト
みんなの顧問