見込み客の声を聞く事が重要、見込み客の声には事務所のポテンシャルを活かせるヒントが埋まっている(ホームページ)

司法書士事務所のホームページはマーケティングリサーチという大きな役割があります。

ご自分の司法書士事務所にどんな可能性があるのかについて、普通は把握しきれていないですよね。これは大手の事務所でもそうです。

ホームページはこの潜在性についてヒントをくれる、頼もしいマーケティングリサーチのツールと言えます。この道具を使い切るには、相談の敷居を低くして、すべての相談に目を通すことが重要です。

「こんなこと相談していいか分かりませんが・・・」といった予期せぬ質問の中にヒントが埋まっていることもあります。後はこのヒントを活かせる想像力があれば、サービスメニューにそのことを加えるなどして、事務所の守備範囲を広げていくことが可能です。

これは個別の司法書士事務所の事もそうですが、司法書士事務所自体のニーズのヒントにさえなります。

問い合わせフォームにあれも、これも必須として書かせ、相談が届かないようにしている例もございますが、特に開業時には面倒でも何でも相談して下さい、しかも年中無休の無料相談ですと打ち出すぐらいの意気込みがないと、せっかく作ったホームページがマーケティングリサーチの役割を果たせず、もったいないことになります。

 

司法書士事務所の開業で重要なことは何か?9つのポイント

  1. 地元密着・営業範囲を決めて浸透させる(ホームページ・チラシ)。
  2. 見込み客の声を聞く事が重要、見込み客の声には事務所のポテンシャルを活かせるヒントが埋まっている(ホームページ)。
  3. 問い合わせを受ける体制を準備する(ホームページ)。
  4. ブランディング・差別化へ向けトピックス業務を1つは打ち出す(ホームページ)。
  5. 事務所理念を決める(ホームページ・名刺・事務所案内)。
  6. お客様の目に触れるものはイメージ戦略を軽視しない(封筒・ホームページ・名刺・事務所案内・ロゴマーク)。
  7. プロフィールは簡単に作成するのではなく、読んでもらうために作成する(ホームページ・名刺・事務所案内)。
  8. 写真は笑顔で撮影する(ホームページ・名刺・事務所案内)。
  9. 自分に合った他士業との交流機会を検討する。

司法書士の独立開業時にピッタリなホームページ作成サポート 無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-127(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-127(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

メールでのお問い合わせ

有限会社ポーカー・フェイス20周年記念プロジェクト
みんなの顧問